車情報

中古車買取した後に取り消しできる?クーリングオフは適用できるのか

もし今日中に売ってくれたら色をつけて買取額に色をつけるから、なんて言われてあせって契約しちゃった人もいるかもしれないね。
中古車の買取って相場があってないようなものだし、ほとんどの人は交渉について素人みたいなもんだから、コロッと買取業者の甘い言葉に乗せられて、後悔するってパターンって本当に多いんだ。
そんな時に中古車買取の契約を取り消しできるのかって思う人もいるだろう。
クーリングオフって便利な制度もあるし、なんとかなるんじゃないと考えるだろうけど、これってどうなんだろう。

実を言うと、中古車の買取契約については取消できないんだよね。
そもそもクーリングオフってのは契約を一方的に解除できる制度のことなんだけど、これって何かしらの商品だったり、サービスなんかを受ける時に限って適用されるんだ。
例えば悪質な業者に騙されて、高級な羽毛布団を買わされたなんてケースだと問題なく適用できるんだけど、中古車買取の契約って違うよね。
中古車買取の契約はユーザー側からすれば売った形になるから、購入じゃない。
だから、クーリングオフは適用されないんだ。
あとになって、こっちの買取業者の方が高く買取をしてくれたのに、と分かってもそれはもうどうしようもない。
一旦、契約を結んでしまっているから、一方的な解除ができないんだ。
契約の取消じゃなくて、キャンセルという形ならできるけど、大抵の買取業者はキャンセル料ってのは設定している。

なんでキャンセル料がとられるんだって怒る人もいるかもしれないけど、これって実は当然のことなんだよね。
なんでかって言うと、買取業者としても買い取った車はすぐに転売の準備に入るからだ。
買取業者からすれば、買い取った車を転売することで利益を出して、お金を儲けているんだから、当然のことだよね。
で、転売の準備にしてもタダでできることばかりじゃないから、しっかりと経費はかかっている。
だから、いきなりキャンセルだなんて言われても、買取業者は損をすることになるんだ。
だから、キャンセル料ってのが発生する仕組みになっている。
ただし、例外的にキャンセル料が発生しない業者もあるので、初めて買取をしてもらうなら、そういう業者を選ぶと良いかもしれないね。

-車情報